今の胃カメラは、口からだけではありません

どうしても、胃カメラというと、口からチューブをいれるイメージですが、最近のものは、鼻からのチューブが多く取り入れられてるみたいです。まだ胃カメラをうけたことがないので、その実態は見たことがないですが、この口からのものとは違って、吐き気があんまり無いことが特徴みたいです。あとは、カプセル状の胃カメラを飲み込んで、外側からの誘導によって、胃の中を写す仕組みのものもあります。これは、かなりの最新式のようで、扱ってる病院というのも限りがあるみたいですね。費用も、このカプセルのものは高いので、簡単に受けれるものでもないようです。口からのものが主流になっていたのですが、今は鼻からいれていくものに移行しつつあるようですね。費用は保険がきくので、この二つの場合はそんなに変わらないと思います。吐き気がないという点がすごくいいなと思います。これがあるので、今まで受けるのはちょっとなって思っていた人には朗報ですね。鼻からの胃カメラの受診が増えることで、疾患が見つかる確立というのも増えていくのではないでしょうか。やっぱり、検査を受けやすくするというのが、病気の発見にはつながっていくでしょうね。カプセルよりも簡単な、エコーでの検査がもっと充実したらいいですね。

オエーってならない無痛内視鏡の胃カメラ

胃カメラで胃の中の検査を受けた事がある方なら、カメラをいれられて「オエー」ットなる感覚、お分かりになる事かと思います。しかし現代は、もうあのような辛い経験はしなくても胃カメラでの検査が受けられるのですよ。称して「無痛内視鏡検査」と呼んでいますが、検査の前にちょっとした鎮静剤を注射し、その上で内視鏡(胃カメラ)を挿入していきます。すると、昔のような「オエー」っという感覚はなく、気づいた時にはもう検査終了、という位の速さと無痛さで、検査が終わっているのです。この胃カメラの方法ですと、嫌な記憶がのこりませんので、次回の胃カメラ検査の時でも、トラウマ的なものがなく、割と進んで胃カメラの検査に来ていただく事ができると思います。またこの無痛の胃カメラの方法を採用することにより、検査で発見されたポリープなども発見と同時に削除手術してしまうのです。おかげで、その日のうちに検査と手術ができてしまい、それでも検査はたったの1時間以内には終了してしまいます。こうすることで、患者さんにとっても、医師にとっても時間が節約され、患者さんの体の負担やお金の負担がある程度削減されるので、この新しい胃カメラの方法はかなりのメリットのあるものだと確認されています。