胃カメラを飲んで失神しかけたこと

「目を閉じないでください!」と、看護師さんに注意をされた私は、気が遠のきそうになりながらも、必死になって目を開けようとしていました。これは以前、初めて胃カメラを飲んだときの出来事です。私はこのとき、知人の勧めがあって、初めて人間ドックを受けていました。その検査項目の中に、この胃カメラも入っていたため、自然と受けることになりました。胃カメラとは、その言葉の意味の通り、胃の中にカメラを入れることによって、カメラに映るモニターを通して外から異常を見つけることができるもので、これによって悪性のポリープが見つかったりする場合もあるそうです。そんな大切な胃カメラの検査ですが、この方法はとてつもなく辛いものでした。それは、カメラそのものを飲み込まなくてはならない上に、カメラには太いチューブが取り付けられていて、ドクターがモニターをチェックしている間は、ずっとそのチューブがのどに通ったままなのです。そのため、胃カメラを飲んでいる間は、息をすることでさえ辛く、私は何度も失神しそうになってしまっていました。そんな私に対して、看護師さんは気を失わないようにと、ずっと声をかけてくださっていました。そうしてようやく胃カメラの検査を終えることができ、幸いにも何の異常も見つかりませんでした。私は胃カメラに対して、こういった辛い思い出しかないのですが、どうやら最近の胃カメラは、こんな辛さを経験しなくても済むそうです。それは、チューブのない胃カメラが開発されたからです。今最新の胃カメラというのは、薬のカプセルのようなものを飲み込み、それによって胃の中を調べることができるらしく、のどにチューブが通ったままなんてことはありません。その胃カメラは、自然と便になって排出されるらしく、知らない間に検査を終えることができるのです。これを知ったのは、つい最近の話なのですが、私はこれを聞いたとき、自分の行った胃カメラの検査は一体何だったのだろうと思ってしまいました。今のような胃カメラの検査なら、もちろん失神することなく行うことができます。医療というものは常に発展していることを知り、羨ましくなってしまいました。私は今後も、定期的に人間ドックを受けていこうと思っているため、次に行う胃カメラの検査が、少しばかり楽しみにもなっています。以前のような苦しい思いはもうしたくありません。最新の胃カメラというものにとても興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*